PRINTING

印刷用語集

印刷業務でよく使われる用語をまとめました。

さ行

再校

初校で指示のあった修正内容が反映されているかどうか確認する、2回目の校正作業のことです。またはその校正刷りのことをいいます。

仕上がりサイズ

印刷物が出来上がった状態のサイズ。
(通常印刷物を制作する際は、天地左右、外側に3ミリの塗りたし幅をつけ、仕上がりサイズよりはみ出した状態のデータを作成します。)

初校

いただいた原稿をもとに、印刷用データをデザイン・作成後、 その内容をお客様に確認していただく初回の校正のことを初校と言います。

スキャナ(スキャナー)

写真やイラストなどを読み取り、画像データに変換する機械のことです。家庭用の安価なのもから、プロ用の高性能・高価なものまで、多種多様なものがあります。

スキャン(スキャンニング)

スキャナを使用して、写真などを画像データにすることを「スキャンする」といいます。

スミ

印刷業界では「黒」「ブラック」のことです。
スミ(黒・ブラック)インキ1色のみでの印刷を「スミ1色」「スミ1C」と表現する場合があります。 カラー印刷と区別するため「モノクロ印刷」「単色刷り」などと呼びます。

正体(せいたい)

縦、横、斜めなどに変形していない文字のことです。

責了

責任校了の略。印刷所が責任をもって最終の修正、校正、校了を行い、次工程に進めることをいいます。
訂正箇所が少ない場合や納品までに時間がない場合などに行なわれます。

まずは、今すぐお気軽にお問合せください。TEL.03-5642-8701
お問合せフォーム
無料お見積りフォーム
無料訪問相談予約フォーム
印刷の特徴

印刷の特徴

印刷機・加工設備

印刷機・加工設備

工場バーチャル見学

工場バーチャル見学

主要お取引先実績

主要お取引先実績

スタッフ社員紹介

スタッフ社員紹介

環境への取組<

環境への取組

印刷の流れ

動画で見る印刷工程

印刷用語集

印刷用語集

印刷用紙について

印刷用紙について