NEWS お知らせ

【2018年06月11日】 パソコンやスマホで見る色と印刷で見る色の違い

普段、印刷物の製作にあまりなじみがないとパソコンでチラシや資料などのデータを作成して、印刷したら思っているよりきれいな色が出ていない思うことがありませんでしょうか。
これはパソコンで見る色と、印刷物で見る色の違いからくるものなのです。
パソコンやスマートフォンから見る色というのは光からできた色です。
なので光が集まるほど白く光るという特製があり色の表現がきめ細かく再現されます。
それに対して、印刷されたものの色というのは、インクで表現されているため、当然光るという特製はないため、パソコンなどから見たときよりも少し暗く見えてしまうという傾向があります。実際印刷物を作成する場合はそれらの特製を考慮して配色を決めていきます。

あまり印刷物になじみのない方が、自分でチラシなどのデータを作成して印刷物を作ろうという場合は、色校正という本番に近い仕上がりを確認できる工程がありますので、それを経てから実際の印刷をすれば、納品されたものを見て少しがっかりなんてことを防げると思います。