チラシ・デザイン制作 コラム

内容はユーザー目線で考える

チラシなどの印刷物に掲載する内容を考える際、 もっとも重要なことは、ユーザー(受け手)の目線で考えるということです。
その点を注意しないと、どうしても送り手目線になってしまい、 ユーザーに目的の行動(問合せや来店、申込など)を起こしてもらうことが難しくなります。
ユーザーに、どうすれば興味をもってもらえるか、ユーザーは何を知りたいのか、 目的の行動を起こしてもらうには、どのような流れにすればいいのかなど
全てをユーザー(受け手)の目線で考え、その内容を掲載することではじめて
目的の行動につなげることができます。